2007年4月29日

瑞牆山 (18期 石関)

20期卒業の石塚です。
ゴールデンウイークの4月29日に瑞牆山( 標高 2230m奥秩父)に行ってきました。
この山に登るのは学生時代の新人養成合宿(多分)以来約25年ぶり。意外にはっきり記憶している部分とまったく思い出せない部分が入り混じっていて、
それを一つ一つ確認しながらの山歩きになりました。

re_021.jpg

続きを読む "瑞牆山 (18期 石関)"

2007年4月23日

ワンゲルノート (33期 須賀孝一)

 写真と言えばデジタルカメラが主流の昨今、現役生の合宿においても当然のように使われているのであろう。私が現役だった15年位前はインスタントカメラが主流で、辛うじて写真好きの部員が合宿に一眼レフを持って行っていた。カメラは合宿の記録(思い出)として残すにはネガ(今で言うとロムに落とす)があれば、いつでも何枚でも再生できて非常に便利である。保管もパソコンがあれば至って簡単だ。

続きを読む "ワンゲルノート (33期 須賀孝一)"

2007年4月19日

事務局会議の報告

卒業祝賀会の反省
定期総会内容の討議


 4月の事務局会議が19日午後7時、東京都中央区の「喫茶ルノアール東京駅八重洲北口店」で開かれ、卒業祝賀会の反省や6月2日に開催する総会などについて討議した。
  ●卒業祝賀会報告は幹事の大上修平さん(43期)が欠席したため矢部事務局次長が提出した報告文をもとに反省点を述べ合い、「卒業生に近い代のOBの出席が少なかった」などの反省点が出された。次回会議で大上さんが報告を行う。●総会案内発送は須賀統括班長が準備を進めており連休前に発送予定。案内文と会費未納者への督促状の原案を確認。須賀班長は他にホームページPR文も同封したいと提案。異論はなく20日に封入作業、22日までに発送することとした。 ●総会議事について笹尾事務局長が議題、各事項報告者を提案。次回会議までに欠席者に確認をとり決定することにした。●ホームページの現状を藤原庶務班長が報告。「会長・副会長の挨拶文、事務局員の紹介欄を載せてほしい」との意見が出た。●各期代表制度について長江参与から「特に進展なし」との報告。●現役の活動を田実副監督が「きょう現在、新入部員の確定はない。新人歓迎コンパには男3人・女1人が参加する予定。幹部交代式は秋合宿以降を予定。それまでの合宿には4年生1人が同行する。夏合宿にはOBの飼牛敬大さん(43期)が随行を申し出てくれた。年間計画は検討中だが夏合宿は自転車合宿を予定していると話した。

2007年4月 9日

桜の季節に思う (32期 矢部 創)

 「ワンダーフォーゲル」。『広辞苑』には「ドイツ語で〝渡り鳥〟の意。
 20世紀初頭、ドイツに起こった青年男女の徒歩旅行の運動。また、その団体。現在、わが国にも各大学などのクラブ活動として存在」とある。入部説明会で「渡り鳥」と聞いたとき、なぜか気分がときめいた。思えば中学生の頃から「放浪」という言葉に憧れていたように思う。旅をしながらいろんな所に行きたいと漠然と思っていた。

続きを読む "桜の季節に思う (32期 矢部 創)"