2007年5月23日

事務局会議の報告

総会準備を確認

 5月の事務局会議が23日、東京都中央区の喫茶室ルノアール東京駅八重洲北口店で開かれ、総会の段取りや会計報告などを確認した。
 6月2日開催予定の総会について、議事や平成18年度報告、配布資料を確認した。また平成18年度会計について板垣班長が報告。回収作業が奏功し会費納入者が15人と前年の3倍に増えた。今回から会計監査を設置し、透明性をアピールするとした。任期満了による役員・事務局員の改選は全員留任し会員にはかる。新たに佐藤雅史君(33期)が庶務班に加わる。平成19年度活動計画案は笹尾事務局長が一括して提案することにした。また、総会出欠の確認作業を各期代表者へ依頼することにした。
 監督会から現役活動報告があった。はしか感染による休講の影響で日程が新人養成合宿から少しづつずれることになる。3年生不在により幹部交代式は秋以降に行う予定。
 そのほか、今回の総会は「平成18年度」か「平成19年度」かを議論。疋田参与の仕事上の例を挙げ「平成18年度総会」に決定した。

2007年5月21日

形而上学的立場から捉えた駒大ワンダーフォーゲル部とその応用力学 (35期 詫摩祥之)

 カエルが冬眠を終え地面にひょっこりと顔を出すときの気分と、私があの時に感じた心機一転ソワソワワクワク感は同じではないか。もう薄着で行けるかな、行けるな行ける、なんたって春だかんな、大学生だかんな、キャンパスライフだかんな。

続きを読む "形而上学的立場から捉えた駒大ワンダーフォーゲル部とその応用力学 (35期 詫摩祥之)"