2008年1月23日

新年会の報告

日 時:2008年1月23日 午後8時20分~10時30分
会 場:「はなの舞 日本橋店」
出席者:山田朋治(14期)、金子慎一、中塚宏明(ともに25期)、竹部昌彦(26期)、長江央至、笹尾 洋(共に30期)、片山洋道、矢部 創、野上正至、君島かずみ(共に32期)、須賀孝一(33期)、板垣純一、詫摩祥之、田実直人(共に35期)、浅野達平、平川真希(共に36期)、藤原順平(37期)、真鍋聡子(38期)
計18人【敬称略】

続きを読む "新年会の報告"

事務局会議の報告

事務局が始動
各期代表者会議を報告
創部50周年記念式典は2010年秋

 2008年最初の事務局会議が1月23日午後7時から東京都中央区の喫茶室ルノアール八重洲北口店で開かれ、第2回各期代表者会議の報告などが行われた。
 冒頭、笹尾洋事務局長が年頭挨拶に立ち「昨年に続き活動への理解と事務局への協力を呼び掛けていく。また、行事参加により顔と顔を合わせて話してもらい、信頼関係をつくりたい。地道な作業だが今年もよろしくお願いします」と意気込みを語った。
 はじめに矢部創事務局次長が各期代表者会議を報告。認識が不十分な代表者への対応策を協議。その中で「地方在住の代表者は首都圏在住者に代わってもらった方が行事等へは参加しやすく意識が高まるのでは」などの意見が出た。今後、反応の鈍い代へは事務局が確認作業を行う。さらに各期代表者会議のあり方に言及。「代表者以外の一般OB、OGが参加できるような会合にしては」との意見が出され、事務局で検討することにした。また創部50周年記念事業の開催は出席者全員が賛同。2010年秋の開催に向けて準備を進めることになった。
 続いて長江央至参与が各期代表者制度についてまとめた用紙を配布。各項目について次回会議で各自の考えを発表、議論することにした。
 次いで統括班と会計班が活動報告。板垣純一会計班長は10月からの会費納入者は2名にとどまっており、「催促案内や声掛けが奏功していないのが残念」と悔しさをにじませた。
 部の近況報告を田実直人副監督が行い、送別(スキー)合宿は2月4日から野沢温泉。春合宿は3月に西表島を計画していることを明らかにした。

2008年1月21日

書類作成の進化 (30期 笹尾 洋)

 今、自宅でWindows XPのWordというソフトを使ってこの文章を書いている。私が筆記具で字を綴るのではなく、キーボードを使ってパソコンに入力するようになったのはいつからか振り返ってみたい。ワープロで文字を打ってみたのは、中学の時。父が仕事で富士通のOASYSシリーズのワープロを購入し、使い方を教わったのが初めてだ。初期機種は画面も小さく、黒い背景に緑色の文字が画面に浮き出ていた。本格的に文書を作るようになったのは大学に入ってからで、学科の課題のレポートや卒業論文も作成した。そして、ワンダーフォーゲル部の合宿企画書原稿も父のワープロを借りて作成するようになった。特に文書作成で一番印象に残っているのは3年生の夏休み。北海道・日高山脈で起こした事故報告書作成のために毎日部室に通い、誰かが持ってきたノートワープロに手書きの原稿を入力し続けたことだ。膨大な量となった報告書作成に悪戦苦闘の日々だった。

続きを読む "書類作成の進化 (30期 笹尾 洋)"

2008年1月 7日

私のOB会への関わり (24期 中村 剛)

 青森県八戸市にUターンしてからもうすぐ10年が経とうしており、OBの皆様には、すっかりご無沙汰しております。青森にいると、駒大ワンゲルとはさすがに縁遠くなりがちですが、このHPのおかげでアクセスをすれば、現役部員の合宿、OB会の活動状況、OB諸氏の近況等を伺うことができ、このHPの立ち上げには本当に感謝しております。また、最近のOB会の盛んな活動は、当時私がOB会のメンバーとしてできなかったことであり、非常にうれしく思います。ここまで辿りつけたのは、現OB会事務局の熱意の賜物と、深く感謝しております。

続きを読む "私のOB会への関わり (24期 中村 剛)"