2009年4月19日

部の事故発生後の体制


【事故発生時の対応】

  1. 事故発生時に監督会より事務局次長に連絡が入る。事務局次長は事務局長へ連絡する。
  2. 事務局長は事務局員を緊急招集し、事後処理の対応を体制を協議・決定する。召集範囲は以下のとおり。
  3. 事務局長は会長及び副会長へ連絡する。
  【召集範囲】
  ①事務局長、②事務局次長、③統括班長、
  ④会計班長、⑤庶務班長、⑥参与、
  ⑦監督会、⑧在京本部、⑨コーチ会、⑩(会長、副会長)

【短期合宿の場合】
 現地急行者 → 監督会(監督、副監督)1人、事務局員1人の計2人
         (状況によっては1人でも可)
 東京待機組
  • 事故者家族対応 → 監督会(監督、副監督)1人、事務局員2人の計3人………事務局責任者(統括班長)

  • 部員家族対応 → 在京本部1人、事務局員2人の計3人………事務局責任者(統括班長)

  • 大学及び部長への対応 → 事務局次長1人、事務局員1人、コーチ会1人の計3人………事務局責任者(事務局次長)

  • OB会対応 → 事務局長1人、参与2人の計3人………事務局責任者(事務局長)


【長期合宿の場合】
 現地急行者 → 監督会(監督、副監督)1人、事務局員1人の計2人
         現地本部とは現地で合流
 東京待機組
  • 事故者家族対応 → 監督会(監督、副監督)1人、事務局員2人の計3人………事務局責任者(統括班長)

  • 部員家族対応 → 在京本部1人、事務局員2人の計3人………事務局責任者(統括班長)

  • 大学及び部長への対応 → 事務局次長1人、事務局員1人、コーチ会1人の計3人………事務局責任者(事務局次長)

  • OB会対応 → 事務局長1人、参与2人の計3人………事務局責任者(事務局長)


【事故報告書作成】 → 現役部員、コーチ会、監督会


事故発生時の緊急第一報連絡網(PDF形式)

事故発生後の連絡体制図(PDF形式)




PDF形式のファイルを表示・印刷するにはAdobe社のAdobe Readerというプラグインソフトが必要です。
お持ちでない方は、下のリンクからAdobe社のホームページにジャンプし、そこから無料で入手することができます。お使いのパソコンにあったバージョンを選んでインストールしてください。

get_adobe_reader_160x41.jpg
Adobe Readerをダウンロードする